股関節形成不全

【HD の背景】

股関節形成不全は、主に大型犬種または超大型犬種に高率に発生する整形外科学的疾患の一つです。小型犬種および猫にも発症が報告されています。 股関節は生誕時には正常ですが、股関節の緩みが根本的な原因となり、股関節が異常に形成されていく病気です。

股関節形成不全に関連した症状の発現する時期には、2つの型があります。 一つは、若齢期に発現する型です。この発現型においては、様々な程度の緩みが股関節に生じ、その緩みが股関節の支持組織(関節包/滑膜、大腿骨頭靭帯)の炎症の原因となり疼痛を示すこととなります。 もう一つの型は、中齢から高齢にかけて発症する型です。この発現型においては、若齢期発現型とは異なり、股関節の緩みは認められないことが多く、関節構造の形成異常が認められる状態となります。 関節の構造異常(不整合性/不安定性)に関連して骨関節炎 (Osteoarthritis: OA) が発症/進行します。この OA の進行に伴い、関節軟骨の損傷、そして関節の可動域の減少が認められるようになります。

【HD 罹患動物に多く認められる症状】

この病気の特徴的な症状は、“後肢のふらつき”です。両側後肢で同時に地面を蹴るように走行し、この走行形態を“ウサギ跳び様走行”と呼んでいます。

飼い主さんが気付かれる症状の中で多いものを下記に列挙します。また多くの飼い主さんは、このような動物の症状がわずかながらも進行していると感じているようです。

 ・最近、散歩を嫌がるようになった。
 ・散歩の途中に座りたがる。
 ・寝ている状態から起き上がってからの歩様がおかしい。
 ・長距離を歩けない。
 ・段差をいやがる。
 ・車に飛び乗らない。飛び降りない。

しかし、これらの症状は他の整形外科学的疾患(例:膝関節疾患・前十字靭帯断裂)や神経学的疾患(例:脊髄疾患;馬尾症候群)および後肢や骨盤領域の腫瘍性疾患などにおいても同様に認められる場合があるので鑑別する必要があります。

【HD の診断方法】

①飼い主さんからの情報、歩様状態、整形外科学的検査、放射線学的検査の実施が必要となります。飼い主さんからの情報と歩様状態から、現在の動物の状態を評価します。症状の認められる肢を特定した後、動物の起立位と横臥位にて筋肉/骨格系を中心として触診します(整形外科学的検査)。

②次いで、股関節の放射線学的検査を行います。若齢期発現型では、X線写真上に明らかな変化は認められないこともあります。その場合は、撮影したX線写真を公的機関に郵送して評価を依頼することも可能です。それには2種類の方法があり、一つは通常の股関節のX線写真を Orthopedic Foundation for Animals (OFA) に郵送して評価を依頼する方法です。 この機関による評価では、生後満2年経過している動物が対象となりますので、2才齢未満の場合は対象外となります。もう一つの方法は、University of Pennsylvania Improvement Program (Penn HIP) に郵送して評価を依頼する方法です。この機関に依頼する場合、Penn HIP により認定されている獣医師により撮影された特別な撮影像が必要となります。 当院には、Penn HIP 認定獣医師が院長をはじめ、複数名勤務しておりますので、撮影が可能となっています。この機関による評価は、股関節の緩みを客観的に計測する方法ですが、4ヵ月齢から評価可能ですので、股関節形成不全の発症を予防的に知りたい場合にも利用可能です。

③これらを総合的に判断し、股関節形成不全を診断しますが、それぞれの動物の股関節の状態は異なりますので、選択できる治療法も異なってきます。

【HD の治療方法】

基本的には、【内科的治療法】と【外科的治療法】を選択することが可能です。どちらの治療法を選択したとしても、体重制限、運動制限、そして滑りやすい場所にマットを敷くなどして整備するなど、環境要因の整備を含めた保存療法が必須となります。

【内科的治療法】は薬物を投与することにより疼痛を軽減することを目的として行います。その目的からわかるように、股関節形成不全の主要な原因と考えられる股関節の緩みを矯正せず、障害された関節を回復させないため根本的な治療とはなりません。 関節疾患の多くに言えることですが、薬物の投与により疼痛を軽減させることは可能であり、管理が好走した場合には薬物の投与を必要としなくなる可能性もあります。しかし異常に形成した関節構造を正常に戻している訳ではないため、機能的に完全に回復することはないと考えられます。

【外科的治療法】に関しては、予防的治療法と救済的治療法の二種類があります。予防的治療法の目的は、異常に形成した関節構造を矯正することにより、自身の股関節を温存して、生涯を機能的に過ごさせることです。

この治療法の一つとて、当院では三点骨盤骨切り術 (Triple pelvic osteotomy: TPO) の実施が可能です。救済的治療法としては、障害された関節を人工器具に置換する股関節全置換術 (Total hip replacement: THR) または障害された関節を切除する大腿骨頭・骨頚切除術 (Femoral head and neck osteotomy: FHO)があります。

THR の最大の利点は、機能の回復が非常に早いことです。FHO は比較的安価で短時間で行うことが可能ですが、術後の回復期間は術後約6ヵ月から1年を要します。当院では THR と FHO を実施可能であり、特にTHR に関してはセメントを使用せずに人工器具を固定するシステム (BFX THR或いはZurich Cementless THR)を導入しております。

当院では、外科的治療を実施する前に、適用可能な手術手技を決定する目的で股関節に対する関節鏡検査を実施しております。放射線学的検査 (OFA, Penn HIP)に加えて、この検査を実施することにより、治療手技の選択を誤る確率を減少させ、予後を向上させることが可能と考えます。

大腿骨頭・骨頚切除術/FHO
Femoral Head and Neck Osteotomy

三点骨盤骨切術/TPO
Triple Pelvic Osteotomy

股関節全置換術/THR
Total Hip Replacement

画面;左側・FHO施術後

左右共にTPO施術後

画面;左側・BFX 右側・Zurich

jaha 日本動物福祉協会

診療内容

手術実績

教育・研究

ご紹介獣医師様へ

リクルート

リンク