TPLO

TPLOは1993年にアメリカで報告された前十字靭帯断裂に対する手術法で現在日本でも採用されています。前十字靭帯が断裂すると、足に体重が加わるたびに脛骨(脛:すね)の前への引き出しが生じて、痛みと半月板損傷を引き起こします。

近年、脛骨高平部の角度(Tibial plateau angle : TPA)と前十字靭帯の断裂の関係について多く議論されています。通常、犬の脛骨高平部の角度は約25°前後ですが、この角度を約6.5°に矯正すると先述した前方への引き出しが抑えられ、膝が安定します。角度矯正は特別に加工された曲状ブレードを使用して脛骨の一部を骨切りして回転させます。この手術法がTPLOです。

TPLOは他の手術と比較して部分断裂や慢性経過をとる変形性関節症に適応でき、骨関節炎の進行が低いといわれています。その犬の程度によりますが、TPLOを実施した90%以上に症状の改善を認めています。

当院では、関節鏡検査にて、前十字靱帯の部分断裂と診断された症例に対して、完全断裂への悪化・進行の予防および術後の骨関節炎を最小限にし術後の回復期間を短縮することを目的とし、予防的な膝関節の安定化手術をしてTPLOを行うことを推奨しております。

一般的にTPLOは体重の重い大型犬の手術として認識されていますが、前十字靱帯断裂症は小型犬でも多く認められ、当院では、チワワ、マルチーズ、ヨークシャーテリア、ジャックラッセルテリアなどの小型犬に対してTPLOを実施し、小型犬の前十字靱帯断裂症で一般的に行われている関節外制動術に比較し、良好な改善を認めています。

こちらからにはTPLOの手術方法の写真を掲載してあります。
(実際の手術の写真になりますので、血液等苦手な方はご遠慮ください。)

左: レントゲン写真を元に測定したTPA
下段左側:TPLOを施術した骨模型
(SYNTHES社製 Locking Plateを使用)
下段中央:手術後のレントゲン写真(側面像)
下段右側:手術後のレントゲン写真(背腹像)

実際に当院でTPLOを実施した症例はこちらに紹介してあります(症例1、症例2)。

jaha 日本動物福祉協会

診療内容

手術実績

教育・研究

ご紹介獣医師様へ

リクルート

リンク